自宅内で業務はいろいろと問題が…

SOHOや在宅ワーカーとして独立起業される方も多く、自宅内で業務が完結できる環境自体が整えやすくなってきています。しかし、そんな中でも依頼主やお客様との打ち合わせや相談、会議においてはスペースを確保できない問題があること、業務と私生活の切り分けから、自宅住所を名刺に書きたくないと言う方も多くおられるのが実情です。 大阪は関西の商業の中心と言う事もあり、数多くのバーチャルオフィス管理会社があります。バーチャルオフィスを利用することで、自宅の情報を記載する必要はなくなり、レンタルした住所、電話番号などを名刺に書くことが出来るようになるのです。また、バーチャルと言われながらも、その住所には必要最低限の設備が整っている場合が多く、事前予約によって打ち合わせや相談、会議のスペースとして格安で利用することが出来るようになります。

もうちょっとバーチャルオフィスについて詳しく知りたい!http://ameblo.jp/monakaka0916/